マンション管理会社の変更を考えている方へ

マンションで将来設計

マンション投資をすると老後の備えになります。家賃収入で生活をしやすくなり、購入したマンションに住めば住まいにも困りません。相続対策にも有用であり、納めなければならない税金を減らすことができるでしょう。

ローンの返済に役立つ保証

男性

不動産投資ではローンの返済に家賃による収入を用いることになります。家賃保証を活用すると空室になってもある程度の収入を保証してもらうことができるため、ローンを完済するまでは申し込んでおくと安心して経営ができるでしょう。

現状を打開する策

マンション

好転する可能性

マンション経営が思うように上手く行かない場合、マンション管理会社を変更するというのも1つの手段です。マンション管理会社は、実質的なマンション経営をしていますから、変更すれば状況が好転することは大いに考えられます。マンション管理会社を変更する際、まず行うことは、現在のマンション管理会社との契約書を見て、解約通知期間等を確認することです。確認し次第、新たな契約先を探します。選択肢はいくつかあるべきであり、それぞれから話を聞き、その中から納得できるマンション管理会社と契約すべきです。ただ、単に話を聞くだけではなく、現在のマンション経営に、どういった問題点があるのかということを自ら把握し、どのようにしたいということを明確にしておく必要があると言えます。そして、新たなマンション管理会社が決定したら、現在のマンション管理会社に変更通知をします。マンション管理会社を変更することが決まったら、そのことを入居者にも伝える必要もあります。マンション管理会社が変更になると振込口座も変更になりますから、入居者には必ず伝えなければならないのです。振込口座が変わることは、入居者にとっては迷惑な話です。また、入居者が、とりたてて現状に不満を感じていなければ、マンション管理会社を変更することに不安を感じてしまうことも考えられます。従って、入居者に伝える際は丁寧に、納得してもらえるような説明をする必要があると言えます。

収益を出せる物件の仕組み

レディ

現金を生み出せる大阪の収益物件は都会のものほど利回りが低くなっていて、逆に郊外ほど利回りが高くなります。また団体信用生命保険に加入することができるため万が一のことがあっても借金は残らずマンションは家族のものになるのです。