マンション管理会社の変更を考えている方へ

マンションで将来設計

マンションの模型

老後の備えにはマンション

老後の生活資金や住居が心配なときにはマンション投資が有用な選択肢です。マンション投資では長期的なローンを組んでマンションを購入し、賃貸経営を行って収入を得ながらローンを返済していきます。返済を終えたら家賃収入は全て現金収入になり、マンション本体も自由に利用できる資産となるのが特徴です。これが老後の備えになるのは年金に加えて家賃収入を継続的に得られるようになるのが最も大きな理由でしょう。マンションの規模によって収入額にも差はありますが、それだけでも十分に生活できる資金が手に入ることはよくあります。また、収入が安定していないと賃貸生活が難しくなる場合もあるでしょう。そのときにはマンション投資で手に入れたマンションに自分が住んでしまうことも可能です。住まいの確保を念頭に置いて、一人暮らしや夫婦暮らしがしやすいマンションに目を向けて購入しておくと老後の生活に困りにくくなります。一方、老後に自分のために活用できるだけでなく、相続対策にもできるのがマンション投資です。不動産は現金で持っているよりも相続税の評価額が低くなり、課税額が少なくて済みます。控除も受けられる制度が整えられているのも魅力的な点でしょう。もし配偶者の方が長生きするだろうと見込まれたときには生前贈与をしておくと配偶者控除を活用できます。このようにして余計に税金を払わなくて済むようにする方法としてもマンション投資が優れているのです。